Top > 企画 > マーケットの時

マーケットの時

ノートPCのディスプレイの前で上下しているマーケットを見てしまうと、理由無く取引をするという思いに駆られる事も少なくないと思います。

 

だがしかし、はっきりしない衝動でエントリーするのは決してしてはいけません。

 

知っての通り、マーケットは1日中、いかなる時でもどこかの外国為替市場は開かれているし、為替レートもいつでも、上がったり下がったりします。

 

しかし、だからといって考え無しにトレードを積んでいくとそれだけ損失を被る確率が上がってしまいます。

 

もちろん、取引の回数を重ねることによって勝つ確率か50%、50%になっていくのは事実です。

 

しかしこれは「明確でないアイデアでエントリー」とは別の問題です。

 

売り買いの回数を増やすとは、あなたが「ここは勝てる」と思える確信を得られた場面での売り買いの回数を積むという意味です。

 

何となく、休む間もなく売買を積み重ねるのとは違います。

 

外国為替市場の戦いに負けないためには、己で意識的にけじめをつけることが肝心です。

 

「ここは!」と感じたマーケットの時には、迷わず持っているポジションを積み増して、徹底的に儲けを追求する。

 

「頭をかかえる外国為替相場で、どう上げ下げするのか理解できないな」と考えた時は、思い切って売買ポジションをひとつも残さないでクローズして静観します。

 

それくらいのテンポでやった方が、最終的にはエントリーは成功します。

 

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

為替とは休みなく売買ポジションを持つことが大切ではなくどれも保持せず静観していることも場面によっては相場です。

 

それならば、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

 

ひとつめは、先に述べたように、直近の外国為替市場が判断できない時です。

 

そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は分からないまま行動すると、自分自身で思い描いたストーリーとは逆に相場が動いてしまい損する事になってしまいます。

 

こうした場合はポジションを諦めそのままの状態で様子をみるのが最善の策です。

 

ふたつめは、健康状態があまりよくない時です。

 

コンディションとマーケットに影響ないと感じる方もいるだろうが。

 

関係があります。

 

体の調子がよくなければ外国為替市場の重要な状況で、落ち着いた決断ができません。

 

関心がわかない時は取引から離れてみるのも大事なことだ。

 

企画

関連エントリー